宮古島のダイビング、「地形」以外にもおもしろさ

宮古島のダイビング、「地形」以外にもおもしろさ

宮古島のダイビングは、自然が造り出した、変化に富んだ地形におもしろさがあることで知られています。宮古島は、島の周囲、そして近隣の下地島、伊良部島、すべてのエリアがダイビングスポットといっても過言ではありません。その中には「地形」とは少し違ったおもしろさを見せてくれる場所もたくさんあります。
 
また、シーズンにより風向きに違いがあるため、季節によってはダイビングに向かないエリアも出てきます。今回はシーズン的なことも含めて、宮古島周辺のダイビングエリアやダイビングスポットについてご紹介します。
 

季節別・宮古島ダイビングエリア

宮古島で「地形ダイビング」をする場合は通常、下地島・伊良部島エリアが中心になります。宮古島のダイビングでは、多くの場合、下地島か伊良部島エリアのダイビングスポットで潜ります。
 
「宮古島三大地形ポイント」と言われる「アントニオ・ガウディー」「魔王の宮殿」「通り池」というダイビングスポットは、すべて下地島周辺にあります。
 
ただ、この下地島・伊良部島方面は、冬場になると北西の季節風が吹き荒れ、時化のために行くことができないこともあります。そのため宮古島のダイビングでは、季節に応じて、メインで潜るエリアが変わっていきます。
 
春から夏
春から夏にかけては南西風が吹くことが多くなります。そのためメインで潜るエリアは、伊良部島周辺になります。この時期、水温は上がっていきますが、春先は23度前後と低水温のため、インナーを充実する必要があります。ドライスーツを着ても良いでしょう。
 
伊良部島エリア
例年5月から8月頃にメインになるエリアが「伊良部島エリア」です。この時期は東、もしくは南西からの風が吹きやすくなるため、風裏になりやすいこのエリアにあるダイビングスポットが中心になります。
 
このエリアの大まかな特徴はというと、やはり「地形」です。アーチや洞窟といった地形ポイントでのダイビングですが、平均的に浅い位置にあるので、初心者にとっても潜りやすいエリアだと言えるでしょう。
 
下地島エリア
下地島エリアは秋から冬にかけてメインとなり、既に皆様、ご存じの通り、「宮古島三大地形スポット」が集中しています。「自然の造形美」と言えば正しいでしょうか?自然が造り上げたさまざまな地形は、壮大であり、ドラマチックでもあります。北西の季節風が強くなり出すと行けないことが多くなるため、冬場は風裏にあたる宮古島の南岸がベストなダイビングエリアになります。
 
宮古島南岸エリア(冬)
宮古島南岸エリアは、季節風が強くなる冬場は風裏になるため、もっとも潜りやすいエリアになります。伊良部島や下地島エリアに行けない場合の代替え場所的に考えられがちですが、そんなことはありません。「牛さんこわいよう」という変わった名前のダイビングスポットは、40メートル超の荘厳な洞窟。その暗闇から「こわいよう」の名がついたと言われています。このエリアの「地形」には、伊良部島や下地島エリアとはまったく違う味わいがあります。

【初心者OK!】宮古島で体験ダイビング

宮古島でダイビングライセンス取得